● 15年08月24日 活動報告

危険な大規模開発、飯塚市メガソーラ開発現場を視察(2015年8月24日)



飯塚市白幡山の住宅地に隣接する「メガソーラー建設」現場を住民のみなさんと視察しました。山肌から土砂が流れ出し、側溝が埋まっています。調整池も間に合っていません。

山を丸ごとメガソーラーにする34ヘクタールもの開発計画で、県が林地開発の許可を 行わないよう、地域住民から切実な要求が届いています。

福岡県は太陽光パネル設置で現在日本一ですが、その設置をめぐって各地で 問題が起こっています。 太陽光パネル設置には、立地規制がありません。危険区域と接していても、傾斜の急な山の斜面でも、住宅地に接していても設置できます。自然を壊してメガソーラ ーを設置するのでは本末転倒であり、国が早急に法の整備 を行うとともに県で規制条例をつくることが求められます。危険な大規模開発の規制について、知事は、現在の 森林法で「公益的機能は維持される」という認識を示しました。これでは自然と安全は 守れません。

メガソーラーを巡るトラブルが多いことで、国も許可取り消しも視野に見直しを行っているということです。

建設業者の説明を受ける、左から一人置いて、高瀬菜穂子県議、川上直喜飯塚市議、伊勢田良子参院比例候補、真島省三衆院議員

建設業者の説明を受ける、左から一人置いて、高瀬菜穂子県議、川上直喜飯塚市議、伊勢田良子参院比例候補、真島省三衆院議員

<< >>

  • サイト内検索

    【検索はコチラ】
  • 県議会ニュース

  • 日本共産党福岡県委員会

  • カクサン部

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • 真島省三

  • 日本共産党中央委員会

  • リンク集

  • お問い合せ