● 16年03月04日 ダウンロード 資料・ビラ・リーフ

福岡の先生が足りない! 教育問題リーフ



深刻な教育の現状を打開しましょう

子どもの貧困が叫ばれる中、学校教育の役割はますます重要になっています。しかし、福岡県の教育現場は深刻な「教員不足」で、学習権の保障や教職員の健康保持ができない状態です。私たち二人は教員出身です。今回、福岡県の教育を考える第一回として、義務教育の教員配置について報告をまとめました。みなさんの地域や学校はいかがでしょうか。議会論戦にいかします。ご意見をお寄せください。

小中教員の非正規率全国ワースト2位

2015年度の福岡県小中学校教員定数に占める正規教員の割合は87.3%(再任用も正規に含まれる)で全国ワースト2位。政令市をもつ大きな県だけでみれば、ワースト1位です。最新の「学校基本調査」では、福岡県の非正規教員の実数は5千人を超えますが、これをいれても、福岡県は定数ギリギリしか配置していません。
東京都では定数のプラス6%、京都ではプラス3.7%、兵庫ではプラス2.4%など、独自に教員を配置しています。

0301教育問題リーフ_last (1)_ページ_1PDFダウンロード

Get Adobe Reader web logo PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。
詳しくは、アドビ システムズ社のサイトをご覧ください。※ご提供するデータは、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性を完全に保証するものではありません。
※これら各種データをご利用になったことによって、生ずる一切の損害についても、責任を負うものではありません。
※当データの著作権は日本共産党福岡県議会議員団に帰属するものです。

<< >>

  • 県議会ニュース

  • 日本共産党福岡県委員会

  • カクサン部

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 真島省三

  • 仁比そうへい

  • 日本共産党中央委員会

  • リンク集

  • お問い合せ