● 16年04月14日 活動報告

佐賀空港へのオスプレイ配置やめよ 九州防衛局へ申し入れ



佐賀空港へのオスプレイ配置やめよ

九州防衛局へ申し入れ

 

佐賀空港にオスプレイ17機を配備する計画が、一昨年の夏に突然発表されて以来、北部九州が「戦争する国づくり」の拠点にされると不安と怒りの声が広がっています。3月27日には、佐賀市川副町で2000人もの反対集会が開かれましたが、共産党福岡県議団を代表して山口律子県議が参加しました。

その翌日には、防衛省の藤丸 敏政務官が、「6月県議会で諾否を判断」など、一方的な暴言を行ったことで混乱に拍車がかかりました。(田村貴昭衆院議員の質問で陳謝)

4月14日には、武藤明美、井上祐輔の両共産党佐賀県議、梅崎和弘同柳川市議、伊勢田良子同福岡県委員会副委員長とともに、高瀬菜穂子県議が九州防衛局に改めて配備の見直しを強く求めました。防衛省は、「佐賀しか考えていない。理解を求めていく」との答弁をくり返しました。

右から、梅崎和弘柳川市議、高瀬菜穂子福岡県議、伊勢田良子党福岡県副委員長、武藤明美佐賀県議、井上祐輔佐賀県議(4月14日 九州防衛局)

右から、梅崎和弘柳川市議、高瀬菜穂子福岡県議、伊勢田良子党福岡県副委員長、 武藤明美佐賀県議、井上祐輔佐賀県議(4月14日 九州防衛局)

<< >>

  • サイト内検索

    【検索はコチラ】
  • 県議会ニュース

  • 日本共産党福岡県委員会

  • カクサン部

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • 真島省三

  • 日本共産党中央委員会

  • リンク集

  • お問い合せ