● 16年08月26日 活動報告

地域振興へ 家具の町・大川市を視察、懇談



8月26日、党県議団と真島衆院議員は、大川市の財団法人大川インテリアセンター、大川市役所インテリア課、県工業技術センターインテリア研究所を訪問。大川の産業振興に努力している方々と懇談、意見交換をおこないました。小林解子衆院福岡6区予定候補、金子睦美久留米市議らが同行しました。

 

大川家具の生産額は、ピーク時・平成3年の1200億円から平成25年の280億円と4分の1に減少。とりわけ消費税増税期には売上高が一気に10%も落ち込んでいます。

大川市では官民一体となって「生活様式の変化で婚礼家具が売れない」「安い輸入家具との競争」「量産体制から個性的な商品への転換」「新たな販路と大川家具のブランド化」「職人・後継者不足」・・・など様々な問題に正面から取り組んでありました。

 

「公共施設での国産材を使用した時の補助金を」「木工技術を学べる学校を大川に。学び働ける環境を」― 現地から切実な要望も出されました。

 

県工業技術センターインテリア研究所を視察(右から高瀬菜穂子、山口律子両県議、小林解子衆院6区予定候補)

県工業技術センターインテリア研究所を視察(右から高瀬菜穂子、山口律子両県議、小林解子衆院6区予定候補)

大川市インテリア課で懇談(左から真島省三衆院議員、小林解子衆院6区予定候補、高瀬菜穂子、山口律子両県議)

大川市インテリア課で懇談(左から真島省三衆院議員、小林解子衆院6区予定候補、高瀬菜穂子、山口律子両県議)

<< >>

  • サイト内検索

    【検索はコチラ】
  • 県議会ニュース

  • 日本共産党福岡県委員会

  • カクサン部

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • 真島省三

  • 日本共産党中央委員会

  • リンク集

  • お問い合せ