● 17年07月06日 活動報告

豪雨災害 高瀬菜穂子県議、田村貴昭衆議院議員が添田町を調査



九州北部を襲い甚大な被害をもたらした記録的な豪雨。日本共産党の田村貴昭、真島省三両衆院議員、仁比聡平参院議員と地方議員は被害実態を調査し、被災者の要望を聞きました。

 

日本共産党の高瀬菜穂子県議、田村貴昭衆院議員らは6日、豪雨に襲われた福岡県添田町に入り、寺西明男町長と懇談するとともに、被災した住民を励まし、要望を聞きました。

 

やんだかと思うと大粒の雨が降り出す不安定な天気。5日に一部で氾濫した町を流れる彦山川は茶色の水が流れ、コンクリートの橋が跡かたもなく流された場所は、説明されるまで橋があったとは分からない状態です。

 

JR日田彦山線のレールには大量の流木がたまっています。彦山川沿いの国道もところどころ冠水し、通行止めの箇所もあります。川沿いにはつぶれた家屋も。

 

寺内町長は、高齢者や要援護者の避難者支援、孤立化した家屋、畑の冠水など生業(なりわい)の喪失、鉄道や道路などライフラインの破壊などへの対策など課題が山積している状況を説明。田村議員は「災害救助法の適用を県に求め、国に被災者支援の役割を果たさせていきましょう。私も国に働きかけます」と激励しました。

 

一行は避難所となっている町民体育館を訪れ、老人ホームから避難し、マットの上に布団をしき、休んでいるお年寄りを見舞いました。老人ホームの施設長は「何かあってからでは遅いので、車に分乗し早めに避難しました。明日の午前中には、ホームに戻りたい」と話しました。

 

 

<< >>

  • サイト内検索

    【検索はコチラ】
  • 県議会ニュース

  • 日本共産党福岡県委員会

  • カクサン部

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • 真島省三

  • 日本共産党中央委員会

  • リンク集

  • お問い合せ